こども医療費助成制度について〜こども医療証〜

簡単に大まかな内容についてまとめました。


こども医療費助成制度ってなに?
病院などで診療を受けた場合に、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部が助成される。
例えば、健康保健の自己負担の割合は、小学校入学前までは2割ですので、その2割のうちの一部が助成されるということです。
市町村により助成内容は異なる。

対象となる年齢は?
大阪市:0〜18歳
堺市:0〜18歳(H31.4.1より)

所得制限はあるの?
大阪市:0〜12歳までは所得制限はなし
堺市:なし

自己負担額は?
大阪市・堺市
  • 1医療機関ごと1日最大500円の自己負担
  • 負担は、1医療機関につき月2日まで
  • 院外処方箋で薬局での自己負担なし
  • 同じ医療機関でも入院・通院・歯科は別の 医療機関とみなす
  • 自己負担額が同一月2500円を超えた時は、払戻のを受けることができる

ex)同じ月に複数の病院を受診した場合

A病院に通院5日間
1日目500円、2日目500円、3日目以降なし
=1000円

B病院に通院3日間
1日目500円、2日目500円、3日目以降なし
=1000円

1000+1000=1ヶ月合計2000円の自己負担

なにかあった時、これならお金の心配もあまりすることなく受診できますね。

助成を受けるには?
お住いの区の区役所・保健センターで手続。
こどもの名前が記載されている健康保険証、印鑑、(マイナンバー確認書類)が必要。

出生後、早いうちに手続しておくのがいいですね!


※こども医療費助成制度についての詳細は、お住いの各市町村のホームページに詳しく記載されてますのでご確認下さいね。




大阪市住吉区 あきこ助産院 (訪問専門)
訪問可能地域の目安:
大阪市・堺市・松原市・大阪狭山市
☎︎080-7145-0991


あきこ助産院 大阪市住吉区

こんにちは、助産師の霜村明子です。 産婦人科での12年の勤務を経て、現在は大阪市住吉区にて新生児訪問(乳児家庭全戸訪問事業)をし、子育て支援に携わっています。 その傍、2019年より大阪市住吉区にて訪問出張専門のあきこ助産院を開院致しました。 どうぞ、ご気軽にご相談下さいね。 認定:アドバンス助産師、 産後ケアエキスパート助産師

0コメント

  • 1000 / 1000